いちょう2'nd (いちょうせかんど)

国際派(?)メンヘラの脳内。平和で平凡な日常を目指します。

プロフィール(改)

メンヘラ.JPでプロフィールを編集しようとしたんですけど

 

f:id:coica:20180113152535p:plain

 

出来なかった……。。
文字数かぞえたら960字でした。
字数オーバーも甚だしいわ。

 

せっかく書いたのに眠らせてしまうのも寂しい気持ちがしたので、
ここに残しておこうかと思います。
あんま役には立たないかもだけどさ。

 

↓以下↓

…………………
<Biography>
基本的には貧困の母子家庭育ちです。
母はほとんど向精神薬で寝込んでいたので、家事は一通り私がこなしつつ、母の面倒を見て(親子関係の逆転)、ときどき暴力も振るわれる、という幼少時代でした。
また、代理ミュンヒハウゼンっぽい人でもあったので、「この子はADHDなの!」といわれ、精神科に通わされました。大人になって、どちらかというとASDということが判明しますが……。


母の再婚後、父のおかげで虐待まがいのことはほとんどなくなったのですが、こんどは父がギャンブル依存症になってしまいました。

何とか家を出ると、摂食障害自傷行為希死念慮が悪化。
そのうちに感情がなくなり(喜怒哀楽がほぼ無くて、刺激を感じず、平坦な感じ)、2年経過。
留学を機に感情は戻るものの、セックス依存症になりかけ、レイプ被害にも遭いかけ、水商売や風俗に足を突っ込む。
のめりこむ前に希死念慮PTSDが悪化したため、入院。

 

入院を機にソーシャルワーカーさんやケアマネに出会い、回復へ向かう。
しかし、DVを受けていた友人と共依存関係に陥り、PTSD発作が悪化。
そんななか、高校卒業後から付き合っていた人とよりを戻す。
就職したものの、体調悪化により辞職、を2回繰り返し、アルバイトも続かず、生計を立てられないことに。

 

働けないので手帳を取得、年金や保険も大変だということで、事実婚をし扶養に入ろうということに。
一人で生活していると自殺しかねないので、夫(見届)の実家に居候することに。


夫(見届)一家に支えられつつ、なんだかんだで1年経過し、けっこう元気になってきました。
夫(見届)とは、ぼちぼち正式に結婚するつもりです。
(見届)だと、配偶者控除が受けられない、という恐ろしい事実が判明したので……お金ないのに……。

 

安定してからの一時期はPTSDも相当ぶり返し、

記憶が飛んだり、泣き叫んで一日過ごしたり、行方不明になったり、自傷で救急へ行ったり、
という日々も何度か繰り返しました。

 

でも、最近はそれも落ち着いてきて、ようやく「人並み」になれた気がしています。
まだ油断禁物なので、ゆったりとペースを掴みつつ、日々過ごしています。
ACのサロンに行ったり、ゲーセン行ったり、ヒトカラ行ったりしてます。

ヒマ人なので、出没率は高いと思います。
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

………

 

 

というわけでみなさま、
改めまして、どうぞよろしくお願いいたします^^ 

ゆにばーすのはらちゃんみたいにキラキラしたい。

先ほど市役所に行ってまいりまして。

たまたま、知り合いに会ったわけです。

一度はスルーしかけたけど、向こうの方が「こんにちは!お久しぶりですー(*´ω`*)」

……と、声をかけてくださって……。。

 

はぁ。

こーゆーときに、自分からきちんと挨拶出来ればなぁと思うのですが。

なかなか…なかなか、難しいものです。

スルーしたくなっちゃう。

 

続きを読む

あなたと私は違う、という素晴らしさ


f:id:coica:20171109184355j:image

(画像はとてもお気に入りなのですが、どこから流れてきたのかわからないので、ご存知の方いらっしゃいましたら御一報ください。また、問題があれば削除いたします。)

 

 今回とても長いです。
私の価値観と、その転機について。
そこに至るまでの生い立ちを混ぜつつ、書いていきます。

もくじ:

  • みんな違って、みんないい……はずだった。
  • おれときみは、違うからなあ
  • 「人の気持ちがわからないなんて、あなたはおかしい」
  • 違うことは悪いこと
  • 私ルールからの解放

続きを読む

私にはキツい、『バベルの学校』

http://unitedpeople.jp/babel/

 

上映会があったので、『バベルの学校』という映画を見てきました。

すごーくすごーく、素敵な映画なのですが、

私にはちょっと、しんどかった……まだ、自分の問題を受け止めきれていないから。

 

そんなにネタバレはしないつもりです。

でも、映画の内容について、私が持った印象は、しっかり書いていきます。

 

ーーー

映画の舞台は、フランスの『適応学級』です。

色んな国の、色んな物語を抱えた子どもたち。

それぞれ母国語が違う彼らが、フランスで勉強をしていくために、ひとつの学級で学びます。

続きを読む

やりたいことができない日


f:id:coica:20171121132000j:image

こんなに天気がいいのに、出掛けられない。

続きを読む

当事者研究に逃げられるので、召喚することにした。


f:id:coica:20171115233647j:image
北海道の浦河で始まった、『当事者研究』をご存知でしょうか。
一言でいうと、認知行動療法を取り入れた、当事者たちによるピアサポート活動、といったところです。

当事者研究 - Wikipedia

もともとは浦河『ベてるの家(クリックでリンクが開きます)』で、精神障害者によってはじめられた活動でした。
しばしば「爆発」してしまう、精神障害の当事者が、「なぜ爆発してしまうのか、爆発の研究をしてみないか」とのSSWの向谷地により、始まったのだそう。

 

現在は、精神障害者だけではなく、支援者にも有効な活動だということで、
PST(Professional Skills Training)なんてのも行なわれているらしい。

~浦河発!支援者が自分を助ける会~「PST」8月20日(土)開催!(定員50名程度) | べてぶくろ

続きを読む

ベトナム語の中級学習Tips3つ

昨日に引き続き、中級ベトナム語について書いていきたいと思います。
今日は具体的に、学習手段について。

f:id:coica:20171113224533j:plain

 

日本は中級向けのベトナム語教材がめっちゃ少ないです。
現在、私はあんまり積極的にベトナム語を勉強してはいないのですが、必要な場合は以下の方法を使っています。

 1.ベトナム人に聞く

 2.ベトナム人向け日本語教材を使う

 3.インターネット

 

ひとつひとつ、解説していきます。

 

1.ベトナム人に聞く

ベトナム人の知り合いがいるのであれば、彼らに聞いてしまうのが手っ取り早いです。

東南アジア特有の気質で、みんなとても親切(おせっかいな場合もあるけど……)なので、喜んで教えてくれます。

ただし、「日本語がうまいベトナム人を探す」ことが必要です。


会話練習であれば、どんなベトナム人でも有意義な学習相手になると思います。
でも、特別な言い回しの文法や、語彙の微妙なニュアンスを説明してもらう場合、相手の日本語力も高い必要があります。
学習者が英語もできる場合、「英語のできるベトナム人」も、良い学習パートナーになってくれると思います。

 

2.ベトナム人向け日本語教材を使う

文法を学ぶ場合、外国人向け日本語学習教材「みんなの日本語」のベトナム語解説を使う、という手があります。
日本語の文法から逆引きする形になるし、そもそも解説自体ベトナム語なので、ひじょーにわかりづらいですが……。紹介はするものの、あんまりおすすめはしません。

語彙を学習したい場合は、ベトナムで販売されている日越・越日辞典が非常におすすめです。日本で販売されているものよりずっと語彙数も多く、安いです。

難点としてはペーパーバックで、誤字がしばしばあること。でも、それを差し置いても、非常に使える。
ベトナム旅行の際や、お知り合いがベトナムに行く場合、頼んで購入するといいかもしれません。

 

3.インターネット

IT時代ですから、やっぱりこれが一番使えます……。

 

文法は東京外国語大学言語モジュール ベトナム語
http://www.coelang.tufs.ac.jp/mt/vi/
ここの、「文法モジュール」がとても便利です。

文法モジュール>ステップ名から探す、とクリックすると、基本文法から付加疑問文、間接話法と直接話法、等々の文法について解説を読むことができます。
初級学習者向け、と記載があり、中級にまでは届かないかもしれませんが、初級~中級の間くらい、初級+αくらいは余裕で網羅してる感じがします。

 

語彙は「mazii dictionary」

mazii.net

これが良いです。 ほんとに便利。

ベトナム人が作った日越・越日オンライン辞典なのですが、
単に語彙の意味だけではなく、例文や、漢字とベトナム語の対応など、広範囲に知ることができます。
ただし声調記号なしで越日検索をすると、変な感じになるので注意。
あと、Chromeのほうが正常に動作します。ほかのブラウザだと、ときどき画面がずれて見にくいです。

 

こんなところでしょうか。
英語の文法書を使う、という手もあるのですが、私はそこまでは手を出せていません……。
ですが、最近はベトナム語検定もできたし、キクタベトナム語とかも登場して、教材のバリエーションも増えている気がするし、今後、色々と教材が増えていくと良いな、と期待しています。

参考:

CD・赤シート付 キクタン ベトナム語【入門編】

CD・赤シート付 キクタン ベトナム語【入門編】